府中の街と共に創業45周年。皆さまのおかげで地域貢献型の不動産業を進めて参りました。

狭い空間でもOK。自宅にワークスペースを作ろう

皆さんは普段ご自宅でお仕事をされていますでしょうか?
新型コロナウイルスの影響で在宅ワークを推奨する企業が多くなり、家で仕事するようになった方も多いのではないでしょうか。

そして仕事環境が変わった方に非常に多い悩みが…
そう、家にいると仕事が捗らないという悩みです。

会社に出勤することで集中できる!という方は、家にいるとついつい気が緩んでしまい仕事に身が入らない…なんてことも多いと思います。

そんな方はお家での仕事環境を少し変えるだけで解決するかもしれません。
今回はご自宅でできるワークスペース作りをご紹介します。

■作業場所を確保しよう!

ご自宅で仕事をするとき、ダイニングなどの開けた場所でPCを広げていませんか?
実はデスクに向かっての作業場所は広い場所よりも、ほどほどに狭い空間で視界から入る情報量の少ない場所の方が適しています。

壁や部屋の角に向かって机を置き、塾の自習室のように両サイドに仕切りを置くと更にGOOD!
中には階段下のデッドスペースや、押し入れ、クローゼットを改造してワークスペースにしている方もいらしゃるようです。

View this post on Instagram

我が家のワークスペースは、階段下(キッチン横)と1階奥の書斎(リビング向かい)、2か所あります。 設計は新型コロナ流行前でしたが、夫婦ともに会社員の我が家、私は元々在宅勤務が多かったこともあり、ワークスペース多めに作ってもらいました。 これが大活躍!まだまだステイホームで在宅勤務継続なので、平日は夫が書斎スペース、私は階段下のワークスペースで仕事をしています。 階段下はキッチンの横なので、仕事中もすぐ飲み物を淹れたりできてとても便利。 近すぎてつい頻繁に冷蔵庫のチョコを食べてしまう…笑 リビングと書斎スペースの間は床から160cmの高さの腰壁になっています。 (高さを160cmにするか180cmにするかで、建築家の先生と一緒に悩んだ記憶…) 適度に開放感もありつつ、空間がきちんと分けられているので、子どもが小学生くらいになったらここで宿題などするのも集中できて良さそうです。 . . #アールメイトのシゴトはかどる家 #アールプラスハウス #アールメイト #マイホーム記録 #注文住宅 #regardhome #ワークスペース #書斎スペース #階段下スペース #アイアン階段 #無垢床

A post shared by _nozying (@_nozying) on

※閉所恐怖症の方は無理に狭い場所にワークスペースをつくろうとせずに開放的な場所を選んでくださいね。

■作業環境には必要最低限のものを

机の上に多くのものを置いていると集中しにくくなるだけでなく、周りのものに気を取られて作業効率も落ちてしまいがちです。
PCや書類、筆記用具など必要最低限以外のものは置かないように心がけると良いかもしれません。

すっきりとしたワークスペースでON/OFFのメリハリを付けましょう。

もちろん、職種によっては広い作業スペースが必要な方もいらっしゃると思います。
そんな方にはL字型のコーナーデスクがおすすめです。

(via LOWYA 木製L字デスク LEVANONS

部屋の角に沿って配置できるので、椅子の向きを変えるだけで、PC作業・手書きの書類作業の作業スペースを分けて使うことができます。
プリンターを置いたり書類棚を置いてみても良いですね。

書類やファイルが多くなってしまう方は卓上ラックを置いて机の上をスッキリさせると捗りそうです。

(via オフィスコム 机上ラック

最近在宅ワークになった方や、フリーランスの方、もちろん仕事でなくても趣味でデスク作業を行う方におすすめのワークスペース作り。
一見難しそうですが、たとえ狭い場所でも自分にとって理想の環境を確保することで、作業の効率がアップし、ストレスから開放されることでしょう。
快適な仕事環境をつくり、仕事とプライベートにメリハリをつけて充実した毎日を送りましょう!

t@~[

同じカテゴリの最新記事

このページのトップへ