親が心配で同居を考える人必見!二世帯住宅のメリットとは?

に1

画像出典元

単身で暮らす親が心配で、二世帯住宅にすることを考えている方もいるでしょう。しかし、様々な人の話を聞く中で問題点やトラブルも多く発生していることが見受けられます。この記事では、そんなデメリットだけでなく二世帯住宅に前向きになれるメリットをご紹介していきます。

二世帯住宅とは

に2

画像出典元

二世帯住宅とは、親世帯と子世帯が同居する住宅のことを言います。例えるとサザエさんのようなファミリー構成で、一つの家に住んでいる場合そこは二世帯住宅です。

男性の平均寿命よりも、女性の平均寿命のほうが長いことから近年では、父親の他界や施設への入所をきっかけに母親との二世帯同居を始める場合が多くなっています。

高齢社会に向けた在宅での高齢者見守りや、少子化対策として子育ての人員確保などの面から国も二世帯住宅の建設や二世帯住宅リフォームを推進しているようです。

1階が高齢の両親、2階が現役世代の自分たち世帯などの間取りや玄関を2つ設けて右が両親、左が自分たちなど様々な間取りになっている場合があります。

二世帯住宅のメリット

に3

画像出典元

二世帯住宅を造ることで世代を超えた繋がりや交流が生まれ、自分の世代とは違ったコミュニケーションが増えます。掃除や育児、食事や洗濯など人が増えることにより分担ができるようになり、郵便や宅配便の受け取りなども協力して予定が立てられる人に在宅してもらうことも可能です。

また、年老いた両親と共同で生活することにより防犯面や防災面でも安心できる場合が多いです。

新しく二世帯住宅を建築、リフォームする場合は親世帯の土地を活用することで室内空間を共有でき建築費も節約できるので経済面でのメリットもあります。

親世帯のメリットとしても、スマホやPC操作でわからないことがあってもすぐに聞くことができますし、力仕事など自分で出来ないことのサポートも日常的に行ってもらえます。

更には、お孫さんがいるのであれば触れ合うことで会話量、運動量ともに増えるため五感が刺激され脳の活性化、認知症の予防、健康寿命を延ばすなど健康面でもメリットが多いです。

二世帯住宅のデメリット

に4

画像出典元

妻の母との同居は、母娘の関係から意見もお互いに言いやすくやって欲しいことや頼み事は自らやってもらう事ができるが姑と嫁といった、夫の母との同居はなかなか言いづらい場面も多いでしょう。その場合、ストレスを感じてしまう場合があります。

また、親世帯にとって孫は可愛いものの世話を頼まれたり家事の負担が大きく体力的にキツさを感じることもあるでしょう。

プライバシーもゆるゆるになる場合もあり、大きなストレスがかかる事もある部分が二世帯住宅のデメリットだと言えます。

二世帯住宅の造り方

に5

画像出典元

ここまで二世帯住宅のメリット、デメリットをご紹介してきましたがデメリットを少なくするためにはしっかりとした二世帯住宅を造る必要があります。ここからは、造り方をご紹介していきます。

プライベート空間の尊重

各家庭のライフスタイルに合わせてどこまでの空間をシェアするのか、どこを隠していくのかを考えながら二世帯住宅のプランニングをしていきます。

どのようなプランニングをしていくにしても、プライベートの空間を確保することは両親と現役世帯が良好な共同生活をするために必要な要素です。

テレワークや子供が増える、介護が始まるなどライフスタイルの変化に対応していくために空間を確保しておくことも重要と言えるでしょう。

シェアする空間

生活のリズムによってシェアする空間を決めることは重要です。仕事が終わるのが遅い場合食事を採る空間のシェアは避けた方がいいですし、お風呂やトイレなどの空間を別にしたい人は個別にトイレやお風呂を設置した方がストレスも少なくて済みます。

玄関やキッチンも分けて建築することができるので、プライバシーを尊重するのか、コミュニケーションを重要視するのかで共有する範囲を決めればお互いに快適な住環境を作ることができます。

また、シェアする空間を作る場合は利用する人数も多くなるのでゆったりとした空間づくりを心がけましょう。

将来に向けた設計

二世帯住宅を造るという事は、将来的に親の介護も視野に入れるという事になってきます。建築の際には、介護が必要になった場合のことも考えて設計するようにしましょう。

家の中で車いすが移動できるようにバリアフリー設計にしておく、玄関アプローチはデイサービスに行く場合やお出かけがしやすいようにスロープを作っておくなど工夫しておくと良いです。

二世帯住宅の注意点

に6

画像出典元

お互いにストレスのない生活空間を尊重し合うことに注意しましょう。

ストレスをため込んで喧嘩ばかりなんてドラマのようなドロドロ展開は嫌だと思います。お互いに話し合い、お互いが幸せになれるような住環境を整えていくことが快適な二世帯住宅を運用していく秘訣です。

参考URL 母と暮らす二世帯住宅の間取り。後悔しないプランにするためのコツを解説! | 住まいのお役立ち記事 (suumo.jp)

二世帯住宅について、税制や法律上の定義や扱いを紹介|リフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」 (homepro.jp)

t@~[

同じカテゴリの最新記事

このページのトップへ