府中の街と共に創業45周年。皆さまのおかげで地域貢献型の不動産業を進めて参りました。

東芝の体験型展示施設が府中に誕生!

ちょっとワクワクするニュースを見つけちゃいました。

東芝・ホームソリューションの体験型展示・実証施設
「Toshiba Smart Home」をオープン
toshiba
府中にお住まいの方ならご存知の方も多いと思いますが、
府中には東芝府中事業所という、東芝グループの生産拠点があります。
武蔵野線の北府中駅には東芝専用口が設けられているほどです。

そんな事業所内にこの度、建設された「Toshiba Smart Home」。
開発中の技術や、これからの住まいに向けたコンセプトをここから
発信していくそうです。

太陽光発電システムや、家庭用燃料電池「エネファーム」、ヒートポンプ給湯器「東芝エコキュート」
などのCMなどでよく耳にする設備はもちろんのこと、
居住者の健康状態や睡眠を把握するリストバンド型センサーと住宅設備を連動させ、
生活パターンに併せた機器制御の開発なども行うそうです。

それって、近未来モノの映画を見ていると「昨日ヨリ 1時間睡眠時間ガ タリナイヨウデスネ」と
家が話しかけてくれるシーンが出てきたりしますが、ああいうもののことなのでしょうか・・・!!
そんな技術がもしかしたらここから発信されていくのでしょうか・・・!

残念ながらこちらの施設はハウスメーカー等の顧客向けショールームとなっている為、
一般の方が見学に行く事はできないそうなのですが、
自分が住んでいる街で、未来に向けた開発が行われていると思うと
とってもワクワクしてしまいます。

こちらで開発、実証された技術がこれからどのように世界に発信されていくのか。
とても楽しみですね。

<via 東芝ホームページ

一人暮らしの防災対策

現在一人暮らしをされているみなさん、防災グッズはお持ちですか?

東日本大震災以降、人々の防災意識はぐんと高まり、
ご家族でお住まいの世帯での防災グッズの普及率は
かなり高くなっているのではないかと思います。

しかし一人暮らしとなるとなかなかそこまで気がまわらないものですよね。

そうは言っても地震大国我が日本。
やはり最低限のものは用意しておきたいところです。

こちらのページに一人暮らしで揃えておきたい防災グッズリストが紹介されていました。
bousai
100均などで揃えられるものも多いので、
マメな方はこれを参考に揃えていってみてもいいかもしれません。 

・・・が。
正直これをひとつひとつチェックしていくのは少し面倒くさい!
という方も多いはず。

という事である程度まとまって販売されているものを探してみました。

こちらは楽天さんに出店されている防災セット専門店、
Realchuchuさんの防災セット
bousai1 上記のようなリュックに地震直後から3日間を生きる為に必要なものが
ぎゅぎゅっと詰め込まれています。


こちらはベルメゾンさんの女性用避難リュックセットbousai3 生理用品や化粧落としシート等も入っていて、女性に優しいセットです。


bousai2 こちらはセットではないのですが、
全て無印良品さんで揃う一人暮らしのための防災グッズです。
さすが無印良品、デザイン性にも優れているものが多いですね。


今年も残るところ2ヶ月。
年末を前に、「もしも」の備えを準備して、気持ちよく新年を迎えてみませんか?

<via 日経ウーマンオンライン

晴見町商店街が、商品宅配サービスを開始

朝晩冷え込むことが多くなってきましたが、みなさん風邪などひいていませんか?

先日ニュースを見ていたら、こんな記事を発見しました。
東京・府中市の商店街、高齢者らに商品宅配 takuhai
晴見町商店街は、JR北府中駅前にある商店街。
これ、とっても素晴らしいサービスですよね!

宅配料金は一回300円で、月・水・金・土曜日に車で配送してくれるそうです。

対象となるのは、商店街の青果店や電気店、ドラッグストアなど19店舗。
それだけのバリエーションがあれば、大抵の商品はこれで調達できそうな気がしますね。

主に足腰が弱った高齢者の方々をターゲットにしたサービスですが、
赤ちゃんが産まれたばかりで、新生児を連れて家を出ることができない
お母さんなどが利用してもいいですよね。

いざというとき地元の商店街に頼ることができるなんて嬉しいですね。

<via 日本経済新聞

全国の紅葉スポットが丸わかり、なサイト

momiji1 秋らしい日が続き、すこーしずつ街路樹の葉っぱ達も色を変えようとしていますね。
今週末、来週末あたりに紅葉狩りを計画している方も多いのではないでしょうか?

今日はそんな時に役に立つサイトをご紹介★

momiji2 その名も「2014全国紅葉再前線」です!

トップページにはどーんと日本地図が掲載されており、
見頃、色づき始め、などが色によって分けられていてとってもわかりやすい!

地図の右下に表示される、スライドできるボタンを動かすと・・・
momiji3 <画像> 2013年(昨年)の紅葉前線の動きもわかる仕組みになっています。
今後の予定の参考にいいですね〜。


各紅葉スポットをクリックすると、アクセス、色づき情報やおすすめスポットなどの
データはもちろんのこと、交通注意事項なども掲載されているので
出発前にチェックしていくと当日はスムーズな動きができるのではないでしょうか。

サイトを見てみると、東京近郊が色づくのにはまだ少し時間がかかりそうですね〜。

紅葉狩りにお出かけの際には、お車を利用される方も多いかと思います。
ぜひみなさま安全運転でおでかけくださいね!

<via 2014全国紅葉最前線|観るなび

府中市美術館にて、ミレー展が開催中♪

府中市では今年、市制施行60周年を記念して、
様々な記念事業が行われています。

ただ今府中市美術館で開催されている
「市制施行60周年記念 生誕200年 ミレー展 愛しきものたちへのまなざし」 も、
その一つです。

millet1 《子どもたちに食事を与える女(ついばみ)》

ジャン=フランソワ・ミレーは19世紀のフランスを代表する画家の1人です。
名前にはピンと来なくても、「落ち穂拾い」というタイトルを聞くと、
ああ、あれね!と思う方も多いのではないでしょうか。
millet2 《落ち穂拾い、夏》

※落ち穂拾いと一言で言っても、「落ち穂拾い」と「落ち穂拾い、夏」の2種類があり、 上記の作品は今回、府中市美術館にもやってきている「落ち穂拾い、夏」の方です。


西洋絵画は、宗教的な背景が理解できないとピンとこないものも多いのですが、
大地に根ざして働く農民の姿をありのままに描いたミレーの作品は、
同じように大地に根ざして働いてきた日本人にとって、
他の有名な西洋絵画よりもどこか親しみやすさがありますよね。


今回の展覧会では、国内外から80点の作品が集結。
ひょいっと足を伸ばせる場所にこんな素敵な絵画が集まっているなんて、
これは見に行かないわけにはいきません!ね。

<via 府中市美術館

■会期
2014年9月10日(水曜日)から10月23日(木曜日)
■休館日
月曜日(9月15日、10月13日をのぞく)、9月16日(火曜日)、9月24日(水曜日)、10月14日(火曜日)
■開館時間
午前10時から午後5時(入場は4時30分まで)
■観覧料
一般1200円、高校生・大学生600円、小学生・中学生200円

セアカゴケグモにご注意を!

みなさま、先日こんなニュースが報道されたのをご存知でしょうか?

★セアカゴケグモご用心 

特定外来生物の毒グモ「セアカゴケグモ」が都内で発見された、というのです。
テレビのニュースでもかなり報道されていましたので、
ご覧になった方も多いかもしれません。


記事にもありますが、最初の発見は三鷹市。
府中からもそう離れていない三鷹で・・・。ちょっとびっくりしてしまいました。
最初に発見された住宅街の付近の公園や側溝などを調べたら
更に十数匹捕獲されたということで、またまたびっくり。
その後江東区でも一匹発見されているそうなので、
まだまだ都内にいる可能性は高そうです。


因みにセアカゴケグモとはこんな蜘蛛です↓ kumo ※虫さんお嫌いな方はごめんなさい・・・いかにも毒を持っていそうですね〜。
生体など詳しい情報はこちらで。


セアカゴケグモは基本的に大人しく攻撃性はないそうですが、
毒を持っていますので、発見した場合はくれぐれも素手で触ったり
捕まえたりしないようにしてください。
駆除する際にはピレストロイド系の家庭用殺虫剤を用いるほか、
熱湯をかける、靴で踏みつぶすなどの物理的な方法でご対応ください、とのこと。

そして発見された場合は東京都多摩府中保健所(電話:042-362-2334)へ連絡を!

特にお子さんなどは珍しいものを見るとどうしても触ってしまいますので、
お子さんの居るご家庭は特に注意してくださいね。

<via 府中市ホームページ

秋晴れのお休みに、DIYしませんか?

9月に入って一気に寒くなり、
このまま冬になっちゃうの?!
と少し焦るくらいでしたが、ここ1、2週間は秋晴れが続いていて
とっても過ごしやすくて気持ちがいいですよね〜。
お休みの度に「今日はなにをしようかな?」とわくわくしてしまいますね。

あたたかな日差しを感じながらのんびりお出かけ〜もいいですが、
たまにはおうちでDIYなんていう過ごし方はいかがでしょうか?

DIYといっても1日で出来る&しかもすぐ使える&もちろん簡単!
なものを見つけましたので、ちょっとご紹介します。
秋にぴったりなボヘミアンテイストのものがたくさんですよ〜。

まずは小石にマグネットを貼るだけの、
一日と言わず1時間位でできてしまいそうなアイテム。
diy1 diy2 ストーンショップなどで石を買ってきてもいいですが、
お散歩に行ったついでに綺麗な石を拾ってきて作るにも楽しそうですね。
→作り方はこちら

お散歩の時に素敵な小枝を見つけたらこちらを作ってもいいかも。
diy3 小枝を使ったジュエリーハンガーです。
どれだけ素敵な小枝を探せるかが肝!ですね。
→作り方はこちら


こちらもとっても簡単。ペンキが垂れたようなプランターアレンジ。
diy4 diy5 好きな絵の具やペンキを使って、植木鉢の逆さまからペイントするだけ。
→作り方はこちら


こちらはフロアマットで作るプフ。
diy6 IKEAで売っているフロアマットを3枚使えばとっても簡単に出来てしまいます。
直線縫いだけなので、裁縫のセンスがなくても大丈夫そうです。
→作り方はこちら


少し工夫するだけで、使っていてわくわくするようなアイテムが作れるんですね。
みなさんも窓から入る秋の風を感じながら、のんびりDIYしてみませんか?

<via VIP WORKS

知ってるようで知らない?府中市のゴミの出し方

みなさん、ゴミの分別はお好きですか?
大好き!って人はあまり居ないとは思いますが、
毎日やっていると結構楽しくなってくるよーという人も居るのではないでしょうか。

しかし、新しい自治体に引っ越してくると
以前住んでた場所とは分別の方法が違って戸惑うことも多いですよね。
ここで府中市のゴミの分別の仕方の見逃しがちなポイントをあげてみましょう。

府中市では、市指定の有料ごみ袋に入れてだすものは
・「燃やすごみ」
・「燃やさないゴミ」
・「容器包装プラスチック」
の三種類ですね。
こちらに関しては出す事も多いので、みなさんよくご存知かと思います。

次に出す事が多いのが「雑誌・雑がみ」ではないでしょうか。
gomi1 こちらにきちんと紙類を分別すると、燃やせるゴミがぐーんと減りますよね。
しかし、リサイクルできない紙も実は沢山あります。
個人的に意外だったのが
・絵の具、墨汁などで描かれた紙
こちらはリサイクルできないそうです。
失敗してしまった絵やお習字は燃やすゴミにしてるようにしましょう。

「古布・古着」もリサイクルしています。
gomi2 出す時の注意事項として「雨の日は出せない」のだそうです。
布は水を吸ってしまうととても重くなってしまいますからね・・・
ゴミを外に出してから降りそうな時は避けて、晴天の日を選ぶといいかもしれません。

種類が多くてわからなくなってしまいそうなのが、電球類。
gomi3 ・蛍光灯、電球型蛍光ランプ=「有害ごみ」※写真は有害ゴミです。
・白熱電球、LED電球、豆電球、グローランプ=燃やさないゴミ
なのだそうです。
蛍光型のランプには水銀が入っているため有害となるようですね。


たまにしか出さない種類のゴミは、どの日にどのように出したらいいか
わからなくて困ってしまうこともしばしば。
わからない場合は、ごみ・資源物分別ガイドブック等で確認してくださいね。

少し面倒ですが、未来の地球の為にいま出来る事をみんなでやっていきましょう。

<via 府中市ホームページ

府中マルシェ開催!&出展者募集

みなさん、「マルシェ」って言葉、最近よく聞きませんか?

marche1
↑個人的には「マルシェ」と聞くとこういう旗が飾られているイメージ。
発想が貧困でイヤになります・・・・。

なんだかお洒落な響きですが、マルシェとはフランス語で「市場」のこと。
生産者と消費者が直接やりとりできる場として、
いま「市場」=「マルシェ」が見直されてきているんです。


毎日のお買い物にスーパーや量販店はとても便利ですが、
作った人と直接触れ合い、作られた過程や美味しい調理法などを
お話しながら食べ物を買うって、それだけでわくわくしますよね。


さて、そんな「マルシェ」が府中でも行われることになりました。
その名も「第2回府中マルシェ in けやき並木」。

marche2
市制60周年を記念したイベントで、名前からもわかる通りけやき並木で行われます。
開催は11月9日(日)と少し先なのですが、現在出店者を募集しています。

対象となるのは、府中市内の、農産物・加工品を生産されている方や、
工芸品・雑貨の販売を行う方。

詳細はこちらのページに掲載されています。
出店要項や申込書なども上記のページからダウンロードできますので、
出店を考えている方は是非アクセスしてみてくださいね。

<via 府中市ホームページ

府中沿線の街のことなら、街はぴ!

みなさんは自分の住む町の美味しいお店や、
面白そうなイベントの情報を収集するとき、どうされていますか?
ご近所さんに聞いたり、お友達に聞いたり・・・・

でもやっぱり今はインターネットで調べることが多いですよね。

そこでオススメなのが「街はぴ」というサイト。
machihapi1 京王線沿線各駅の周辺のショップやイベントなどのクチコミ情報を
簡単に調べることができるんです。

使い方はとっても簡単。
トップページから「駅・路線で探す」をクリックして、
自分の住む駅名をクリックすればその街のページが出てきます。
machihapi2 ※こちらは府中エリアのページ↑
MAPから記事を選ぶ事もできますし、
画面右のほうにあるジャンル別記事から自分の好きなジャンルを選択して
お好みの記事を探すこともできますよ。

サイトには「街はぴライター」というその街に住むライターさんが登録されていて、
毎日の暮しや趣味、季節のイベントなどその街にまつわる情報を発信してくれています。
そこに住む人ならではの視点で投稿される記事は
雑誌などに載っているものとは一味違って、
本当にご近所さんのお話を聞いているような気分になるものも。

街はぴライターさんは常時募集されているようなので、
我こそは!と思う方は応募してみるのもいいかもしれませんね。

府中エリアのページはこちらから★

<via 街はぴ
35 / 38« 最新...102030...35...最後 »
このページのトップへ